薬物治療モニタリング研究会へようこそ

 本研究会は、有効で安全な薬物治療を進めていくために、薬物血中濃度を含め患者をモニタリングしていく視点、方法、考え方を薬物ごとに明らかにし、臨床に貢献していくことを目的に、年3回のテーマ、トピックスを取り上げる例会および年2 回の特別ゼミナール(集中講習会)を開催しています.

News

2018/ 9/23

  • 第64回特別ゼミナール PK-PD基礎と応用コース受講に必要なエクセルファイルを「ダウンロードページ」にアップしました。受講を予定されている方はこちらからダウンロードして、当日使用するPCに入れて下さい。

2018/9/22

  • 薬物治療塾第10期前期(2018年11月〜2019年3月)の受講生募集が始まっています。詳しくはこちらをご覧ください。

2018/7/1

2018/6/23

 

  • 第64回特別ゼミナールの日程が決まりました。
    期日:2018年9月29日(土)〜30日(日)
    場所:北里大学薬学部キャンパス

 

第115回研究会例会のお知らせ

第115回例会を「抗がん剤の適正使用に向けて」をテーマとして、下記の日時、会場で開催します。最近抗がん剤のTDMが話題になっていますので、ご興味をお持ちの方々のご出席をお待ちしています。

 

日時:平成30年11月17日(土)15:00〜18:30

場所:シオノギ渋谷ビル2階 (渋谷区渋谷2-17-5)

 

テーマ:「抗がん剤の適正使用に向けて」

 

詳細はこちらをご覧ください

 

第64回特別ゼミナールのお知らせ

この度,下記の要領にて特別ゼミを開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。

本研究会特別ゼミナールは昨年の62回から、4コースを2日間で開講し同日内でコース選択制としました。60回までの基礎コースをさらに2段階に分け、TDMの初心者を対象とした1日目の基礎初級コースと従来の基礎知識・対象疾患・対象薬とその投与設計法を学ぶ応用中級コースを開設しました。また臨床活用コースをさらに進め、初日全日開講のPK-PDに焦点を合わせたPK-PD基礎と応用コースを設けました。本コースはPK-PDの基礎および応用としてPK-PDの理解を深める実践的な取組みを学べるコースとなっています。以前より受講者の多かった2日目全日開講の「薬剤師が薬物治療に積極的にかかわるうえでのTDMの役割」をテーマとする臨床活用コースは本年も一部リニューアルして開講致します。

 

基礎初級・応用中級コース    

開催日:平成30年9月29日(土)〜30日(日)

 

PK-PD基礎と応用コース

開催日:平成30年9月29日(土)

 

臨床活用コース

開催日:平成30年9月30日(日)

 

会場:北里大学薬学部キャンパス

 

詳細はこちらをご覧ください

 

 

 

第114回研究会例会 終了しました

 平成30年研究会総会と、第114回例会を小児の感染症と薬物動態をテーマとして下記の日程で開催します。お忙しいとは思いますが、是非ご参加ください。  

 

日時;平成30年6月9日(土曜日)

時間:15時00分〜18時30分

場所:シオノギ渋谷ビル2階 (渋谷区渋谷2-17-5)

 

1. 平成30年度 総会

2. 第114回例会

 

 テーマ:小児感染症と薬物動態を考える

 

 

1)「小児感染症と小児薬物動態の特徴」

2)「小児における抗真菌薬のTDM」

3)「ケーススタディ討論

 〜小児カテーテル関連血流感染症(CRBSI)について〜

 

詳細はこちらをご覧ください

 

 

研究会公式twitter