第113回例会のお知ら

 臓器障害と薬物動態をテーマとした第113回例会は、多くの参加者をお迎えし盛会裡に終了しました。

 テーマにご興味を頂き、お忙しいところを出席頂いた参加者の皆様、有り難うございました。さらにコーディネートして頂きました花田先生、ご講演頂きました岡田先生、山本先生、大変興味深い講演を有り難うございました。

  

 

日時;平成30年2月10日(土曜日)

時間:15時00分〜18時30分

場所:シオノギ渋谷ビル2階 (渋谷区渋谷2-17-5)

 

 

テーマ:臓器障害時における薬物動態の変化と

用法用量の調節

          

オーガナイザー 明治薬科大学/薬物動態学

                      花田 和彦 先生

 

1. 薬物治療におけるクリアランスの重要性と変動因子について

 

          明治薬科大学/薬物動態学   花田和彦 先生

 

 

2. 肝機能低下時における薬物動態の変化と用量調節

 

        横浜薬科大学/実務実習センター    岡田賢二 先生

 

3. 腎機能低下時における薬物動態変化と用量調節の考え方

 

       東京大学/大学院薬学系研究科

           医療薬学教育センター 山本武人 先生

 

 

 

 

参加費  一般会員:500円、非会員:2000円 (一般会員年会費 3000円)

     学生会員 無料、学生非会員 1000円(学生会員年会費 1500円)

 

* 事前申し込みは不要です。当日,受付にてお支払いください

 

* 日病薬病院薬学認定薬剤師制度の受講2単位を予定しています

 

 

 

共催 薬物治療モニタリング研究会 (代表:篠崎公一),塩野義製薬(株)

 

事務局 明治薬科大学薬物動態学教室 花田

 

例会会場周辺地図